« うっかり | トップページ | 復活 »

2006.02.03

「ま・め〜は、、、」

山形市に『でん六』という会社があります。一企業の宣伝をするつもりではありません。
ここのサイトに本日の節分についての「豆」知識がありました。とても面白いのでURLを載せます。
http://www.denroku.co.jp/elder/setsubun.htm

 このブログをご覧くださっている皆様、みなさんの地方では「ま・め〜はでんろく!」というTV CF流れていますか?私は子供自分に、倉敷だったか高松だったか記憶が定かではないのですが、このコマーシャルを見たような記憶があります。だから『でん六』というのは、東京かどこかに本社のある全国的企業だと思っていたのですが、山形市内に本社・工場のある会社だというのはこちらに住むようになってから初めて知ったのでした。
会社のキャラクターというか鬼の顔などに、あの漫画家赤塚不二夫さんの絵を採用したりしているしTV CFは全国に流れているようだし、全国的企業には間違いないのですが。

 さて、「節分」。
本来は、立春、立夏、立秋、立冬の各季節始めの前日が全て節分なのですが、一年のはじめという意味での「立春」の前日(=旧の考えの大晦日)を特に「節分」と意識して、前年の厄をはらう儀式としての豆まきが今の世にも続いている事のようです。
「独り身なんで豆まきなんて何年もしてないな〜」と言っていたら、今日のお昼の弁当に豆が袋にはいって添えられていました。中国産の大豆で浅○屋○業とかいてあります。
「な〜んで、『でん六』じゃあないの?!」と思いました。
今日はアパートに帰って豆まきをしましょう!

ということは明日は「立春」ですね〜。でも外はこの冬一番か?という大雪です。
昨日の夜はまだ雪が降っていなかったのに、朝目が覚めたら車の上に40cm程の積雪。水分の少ないサラサラの雪で、払うのは時間がかかりませんでしたが、また「長靴出勤」になりました。
明日はオケ練習に行けるかな〜?先週より厳しそうです。

先日、このブログを読んでいる父親から、「おまえのブログは長い。半分くらいにして2、3日に分けて書いたらどうか?」というアドヴァイスとも文句(失礼!)ともいえないメールが届きました。
たしかに、文章を推敲もせず、ダラダラと思いつくままに書き綴っております。下書きして、誤字脱字を改め内容を遂行して無駄を省き、もっと簡略、簡潔な文も書けない事は無いのですが、そんなことをしている時間が無い事、頭にどんどん文章が浮かんできて凄いスピードでパソコンを打って書いている事などから今のところ改める気はないです。(^^;;; (すまん!親父!)
確かに自分自身で後から確認しようと思って読むと、「ふぇ〜、なっげ=!」と思いますし、どこに何かいてあったか分かりにくくもなります。読んで下さる方も、こんな長いの、大変だろうな〜、凄い忍耐力のある方ばかり読んで下さっているんだろうか〜、などと考えます。

 文章を書くのが苦手と思った事はありませんが、「得意」と考えた事も無いのでよくわかりませんが、とにかく浮かんできた事をつらつら、だらだらと書いているだけです。ちょっと読み返して「ここは個人情報保護法上まずいんじゃないの?」というようなところと、明らかな誤字などは直していますが、あまり読み返してもいないのです。
 ブログがそのまま本になって売れていらっしゃる方々もいるようで、その方々にとって喜ばしい事と思います。私の場合は、自分のための日記でありストレスのはけ口であり、普段ほとんど消息を連絡しない両親への「元気だよメール」みたいなものなんです。
いつもなが〜〜〜い文章にお付き合い頂きすみません。
今後、少しは読みやすい長さというのも考慮してみたいと思います。
は〜、まだ雪、どんどん降ってますよ。

P.S. お!地震だ!
宮城県沖らしい。震度は大した事ない。
宮城と言えば、先日某国営放送の「試してガッテン!」という番組でインフルエンザの事をやっていた。
その中で、仙台の国立病院機構ウィルスセンタ−長N氏がかなり長い時間でてきた。
「ン?N村H一?」おお〜!同級生じゃん!って気軽に呼ぶ程の仲ではないが、偉くなったんだな〜。
嬉しかった。

|

« うっかり | トップページ | 復活 »

コメント

でんろくCM。しっかり流れてますよ~

「明日は立春だよ。」と同僚にいうも、「うそ?この雪で?」と、カレンダーを確認するまで信じないし。
季節物は旧暦じゃないと、実感がというか、雰囲気が出ないですね。重陽の節句も旧暦じゃないと実行不可能だし・・
やはり、伝統行事は旧暦ですな。と話しがずれてしまった・・・


素敵なお父様ですね(^-^)。

投稿: むかご | 2006.02.03 17:40

資格とったので、HN変えました。ブログ長くないです。毎回楽しみにしてます。日本を離れたのに、地元ネタで先生のブログで改めて感心させられることばかりです。

投稿: 元脳改め内専 | 2006.02.03 17:50

むかごさん、あれ?どちら方面にお住まいだったんでしたっけ?多分存じ上げない。。。

内専さん、ちょっと省略し過ぎですよ。「日本を離れた」って今どこよ?
元気でやって下さいね。私も日本、離れたい、、、

投稿: balaine | 2006.02.03 18:11

こんばんは。
懲りずにまたまたお邪魔します。
今日はすごい雪でしたね^^;
私、若かりし頃(今も若いつもりですが・・・)
彼氏が今の先生の職場に勤めてたんです。
それで雪には泣かされました(>_<)
何度遭難しかかったことか・・・

投稿: U | 2006.02.03 22:34

「おい、豆は撒かんのか」
「あとの掃除が大変やから まかん」
「・・・」
夫婦二人だけになってしまった生活、節分の味気ないこと。!一応、しっかりと歳の数以上にポリポリ食べましたけれど。
広島も今日は寒く、午後から夜にかけて雪が舞っていました。
「春、来るから頑張れ!」と、お正月用の花のセットに入ってた梅の枝に付いた、小さい小さい蕾らしきものに、喝入れときました。

さて、ガンマナイフですが、広島市内にもガンマナイフの設備のある病院が1つあります。
っていうか、1つしかありません。
近郊の他の病院の先生も来て使用してるみたいです。
ガンマナイフの話は出たことはありますが、「してみますか?してみましょう」と言う流れになったことはありません。
広大の脳外科の受診時でも同様です。
結論として今の方針がベターだと、神経内科・脳外科の判断です。

考えら得ることとしては、
①定期的な観察で見ると、腫瘍が特に大きくなっているとは思えない。
②現行の治療で、今のQOLを保てるのなら、全くリスクがないとは言えないガンマナイフを敢えてやってみる必然性は低い。
③やった方がいいタイミングになったら、たとえ3センチ以上でも可能・・・これは広大の脳外科での話。今のサイズは2.5~3.0cm
④なんと言うか、海面静脈洞へのガンマナイフは熟練を要するようなので、ホントのところ技術的におっついていない。
⑤確かに髄膜腫ですが、早急の措置を要するほど、慌てるほど大したレベルじゃあない(これは私の想像デス)
⑥年齢的にいて(52)、このまま大人しくしていそう(これまた私の想像)
⑦私の「おそれ」の性格バレバレで、きっと怖がるだろうと思ってる(最後も私の想像です)

梅の枝の蕾つながりで…
昨年の母の日に息子達が送ってくれたカーネーション、まだ咲いてます。
12月は二度目の満開でした。

投稿: ダブル | 2006.02.03 23:18

Uさん、え?若かりし頃、、、ふむ〜。
なんか僕がわからないのにそちらには手に取るようにわかられているのって気分余り良くないな=. (^^

ダブルさん、「広島」から連想してお好み焼き食べたいと思っていたら、近所のコンビニに『広島風お好み焼き』が売っていたので思わず買ってしまいました。味は、「こ、これがお好み焼き?!」でした。
子供の頃、高松に住んでいて隣りがお好み焼き屋さんで、うどんとか焼きそばとか砂肝とか入れて食べたあのお好み焼きが懐かしい!

投稿: balaine | 2006.02.05 12:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74618/8481949

この記事へのトラックバック一覧です: 「ま・め〜は、、、」:

« うっかり | トップページ | 復活 »