« 「ま・め〜は、、、」 | トップページ | 自動ドアが、、、(第300記事目) »

2006.02.05

復活

って何からの復活?って思われるでしょうが。
こんな私でもたま〜〜〜に体調を崩します。木曜あたりからちょっとだるくて、金曜日は早めに家に帰り、珍しくフルートもピッコロも触らず、早めに食事をして薬を飲んで寝ました。熱も無いし風邪症状も乏しい。ちょっとだるいのと頭痛がするくらいでした。
 金曜から今日にかけて、断続的に雪が降っていて外に出るのも大変です。
 昨日、土曜日は非番だったので天気がよければアマオケの練習に行こうと思っていたのですが、体調もよくないし天気も悪いので早々にやめました。ヨーロッパ旅行で壊れたおニューのラッゲージが、販売会社エー○の方で無料で修理がなされたとの連絡があったので、購入したお店にとりに行くつもりでしたが、急ぎ使う予定も無いのでそれもとりやめ。
 結局、金曜の夜から今朝日曜の朝まで一歩も外に出ず、半分以上はベッドの中でダラダラと過ごしました。
 風邪気味と思った時に、私は『ニンニクたっぷりパスタ』というのを自分で作って食べます。青森県産(ここが大事、中国産ではダメ)ニンニクの3、4かけをスライスしてオリーブオイルでゆっくり焦がさないように火を通し、あとはベーコン(できればバラ肉から作ったパンチェッタの方が良い)を炒め、鷹の爪を2、3個いれて茹でたての麺をあえるだけ。アーリオ・オーリオ・エ・ペペロンチーニ。
これはいいですよ。下手な風邪薬よりはずっと効きます。手早くニンニクだけ食べたい時は電子レンジで「チン」してホクホクのお芋みたいにして食べる事もあります。ニンンクパワー侮るなかれ!
これと十分な休息で「復活」し、今朝は8時半には病院に来ました。
外の雪は本当に大変です。一日車を外においておくと、立てたワイパーが昆虫の触覚のように雪で塩竈状態の車の中から突き出ているようです。気圧が低いのでしょうか?この2日で脳卒中が4人、痙攣発作が1人入院し、入院中の患者の中で痙攣発作が2人、高熱(38.5℃以上)が3人発生しています。
振り返ってみると、「風邪引いたので」などという体調不良を理由に病院を休んだのはいつの事だったか、、、多分4年くらい前に一日休んだ事があったくらいです。私が体調を崩す位なんだから患者さんもそうなんだな〜と思いました。

ーー
な〜んて言っているうちに、また病棟の患者さんが全身痙攣を起こし、そうこうしているうちにまた一人脳卒中が入院で、もうすぐ午後2時半になりますがまだ昼食も摂れません。
まあ、今日、こうなる事は予測していた(想定の範囲内、って奴)ので、昨日しっかり寝ていた訳ですけどね。
はあ〜ぁぁぁ。。。。

|

« 「ま・め〜は、、、」 | トップページ | 自動ドアが、、、(第300記事目) »

コメント

balaineさん体調をくずされてたのですか。復活してよかったですね。私もスパゲッティはアーリオ・オーリオが基本です。それとニンニクですね、、、なんにでも使えるようにいつも買ってあるし、ニンニクのタレを何種類かつくってあります。もちろん、国産ですが(中国のは使いにくいので)、どこ産のか知りません、青森かしら?

投稿: @むーむー | 2006.02.05 14:11

@むーむーさん、中国産のにんにくはだめですね〜。まず、あの外側の皮がとっても剥きにくい。イライラします。そして密度が低いというか香も乏しい。
対して青森産のニンニクは一個100円(中国産は3個100円くらい)しますが、皮ははらりと簡単に取れるし、切った断面の瑞々しい事。あれを見ただけで元気になりそうな気がします!
アリシン、スコルジンなどの栄養素のつまり具合も違うような気がします。
キムチ納豆というのもいいですよ。

投稿: balaine | 2006.02.05 14:46

ばたばたしていて今日やっと旅行記とその後を読み終えました.ホッ^^;
私も今日は風邪気味でだらだらビタミン補給しながら楽しませていただきました。
ここ何年風邪気味にもなったことないのに
やはり術後は体力落ちたのかな・・--;
そんなことどうでもいいですけど
ビールとうまいもんと音楽・・・
たまらないな~♪
今晩はわたしもにんにくパワーで
風邪ふきとばします!
ところで青森のにんにくって雪まちにんにく?ってやつですか?!

投稿: 則香 | 2006.02.05 17:16

無事復活!よかったよかった。

にんにくと豚さん。
その青森のにんにくを食べて育った豚さんがいますよ。
その名も、「奥入瀬 ガーリックポーO」
ガーリックと、ポーク・・、まんまやん・・・
けど、なんか、美味しそうだし、栄養もありそうでしょ。
この豚さんでベーコンを作って、アーリオ・オーリオ・エ・ペペロンチーニにしたらガーリックパワーは2倍になるのでしょうか(^^;

投稿: むかご | 2006.02.05 18:28

則香さん、あんなダラダラ長い旅日記を読破頂き恐れ入ります。(^^
青森のニンニクって普通に「アミ」に入ってスーパーで売ってる奴です。「雪待ち、、、なんとか」ではないですよ。TVの影響って大きいですね。

むかごさん、凄いうまそうな豚ちゃんですね。是非、バラ肉でパンチェッタを作りたいな〜。簡単な「浅漬けパンチェッタ」の作り方(↓by balaine)。
豚バラの塊、300〜500gr(できれば3x5x25cm位の塊が良い)をビニール袋に入れて、その中に塩(出来ればミネラル豊富ないい奴、岩塩なんかも混ぜると良い)とコショウ(これもミルで引入れた黒胡椒がベター)をたっぷり入れてしばらくもんで、十分に塩を肉になじませ、あとはビニール袋をくるくる巻いて輪ゴムで3カ所程留めて冷蔵室に一日置く。一度取り出してペーパータオルなどで滲み出た水分を吸い取り、再度ビニール袋に入れて塩・コショウをまぶす。一日おけば浅漬けパンチェッタの完成です。保存の仕方にもよりますが、生肉でも塩漬けなので1週間は十分に持ちますね。お試しあれ!
「本格」パンチェッタはこのあとに乾燥、熟成という作業が入りますので、2週間から一ヶ月かかります。

投稿: balaine | 2006.02.06 10:45

「ひげ鯨さん」と、呼ばせて頂きます。
みなさん、「balaineさん」みたいですが。
「ひげ鯨さん」の方が、私の貧弱な想像と妄想系回路を刺激するもんですから。

★体調不良→復活!何よりです。
体調不良のお医者さんって、下痢してるコックさんみたいですもんね。よう分かりませんが。

★広島風お好み焼きですかあ…
私、九州産で広島生活34年くらいですが、やっぱ、どっかよそもんで、広島風お好み焼きの真髄は生涯会得できぬものと…くくく…
好きですよ、野菜が美味しい!
なんせ、クレープ状に伸ばした1枚の生地の上にそびえる、超てんこ盛りの野菜、キャベツにもやしに、青ネギに。
で、そばも乗ります、よければうどんでも。
豚の三枚肉に天かす、鰹節の粉、イカフライ、お餅、なんでもござれ!
でも砂肝は初めて聞きました。
野菜がね、甘く美味しいのです。
野菜年齢になってしまったせいもあるのでしょうが、ソースどばどばかけて食う御仁見ますと、
「なんじゃあ、おのれ、まだ若いよのう」と。

★しかし、「宣伝」ってすごいですね。
広島風お好み焼きにしても、その名前は全国区なりましたものね。昔は「一銭焼き」って言ってたみたいですよ。
安い安い外食ですね。
そういえば、浪人生で小倉にいる頃、お金なくて、時計なんか質屋に持って行く程で、その頃50円のお好み焼きが小倉にありました。
やっぱり生地はクレープ状、でも具は野菜だけ、ソース掛けておばちゃんが 半分に折るんです。
その下弦?上弦?の月のような、お好み焼きをありがたく頂いてた18の春でした!
な~に、ほんの35年くらい前の話です。

★それにつけても、皆さん、色々こだわりがおありになる、お詳しいですね。
関心しきりです。
私、もちろん食に関してどうでも良いと思ってる訳ではありませんし、料理は好きですが。
そう言えば昨日、フキを煮ました。まだシーズンでは無いし、何処からきたんだろう、と思いましたけど。
フキはいりこ出しが一番!
葉は冷蔵庫にあったセロリの葉とちりめんじゃこ、ごまで炒りました。
味付けは醤油のみ。
フキを板ずりしたり、下茹でたり、煮たり、炒ったり…そのすべての工程で香るフキの匂い、
んもう、鼻腔と脳ととが全開!って感じで、
ある意味、エクスタシーって感じです。
大好きなんです、春の匂いなんです、私には。
そういう、異常に思わず手が伸びるものがあります。
フキ、豆ご飯のえんどう、くり、いちじく。
ハシリだ、旬だ、丹波だな~んてぇのを、超えて買っちゃいますね。
たぶん、ニオイとシーンのキオク。

週明けから しゃべり全開です。
広島、夜半から雪、今はみぞれ混じりになりつつあります。
お父さんはコートの衿を立て、
「寒いのう」と 愚痴りながらお仕事へ
お母さんはエアコン付けて ストーブつけて ぬっくい部屋でPCいじり、
「お腹、すいてきたなあ、もう11時かあ」

投稿: ダブル | 2006.02.06 11:02

アーリオ・オーリオ・エ・ペペロンチーニ
熱が出始めてからでも効くのかな?
試してみよう・・・
けど、調理する気力はなさそうだから、レトルトのペペロンチーニに、レンジでホクホクにしたにんにくを潰して混ぜよう・・・
とりあえず、食べる時まで食欲が残っていますように・・・なむなむ・・・

フキ
ふきのとうのてんぷら、ばっきゃ味噌(ふき味噌)が好きです。
摘みに行くところから始まるので、その時期になると、フキ前線情報が飛び交います。

投稿: むかご | 2006.02.06 15:14

ダブルさん、私の呼び名、まあお好きにどうぞ!但し、私は髭をはやした「赤髭」のような医者じゃありませんから。あ、ヨーロッパ旅行記を見れば顔はおよそ分かる訳ですが。balaineという名前の由来は、H17年4月16日の記事に書いてあります。
東北には、粉もん文化がありません。お蕎麦は別ですけど。お好み、たこ焼き、そこそこの店はありますが、「ここや!ここや!」という店はありません。ああ、小倉の人だったとですか。@むーむーさんと私は「博多んもん」とですよ。v(^^

むかごさん、ニンニクパワーは熱が出てからでも効きます!熱は、自己の免疫系が外来の悪者細菌と戦争をしているために生じるものですから体力を消耗します。そんな時にもアリシンは効きます。
まだまだですが、ふきのとう、山菜の季節が近づいてきますね〜。

投稿: balaine | 2006.02.06 16:17

えーっ、生き方がアバウトですから、表現もアバウトで・・・
1年足らずのプー&浪人生活は 小倉と八幡の境で暮らしました。
が、産地は大分県の一番南の市です。
スンマセン、福岡でなくて。
でも、(私だけかも知れませんが)よその暮らしが長くなると、まとめて『九州県』って感覚になってきました。
やっぱり、アバウトだあ。
福岡にも 親戚ゴロゴロおりまする。

でも、なんで東北には 粉もん文化がないんでしょうか?
それと、気圧と脳疾患の関係も…
あっ、いいです!ひげ鯨さん、リキ入れて解説して下さいそうで…お忙しいのにスンマセン!
なあに、ほんの通りすがりの好奇心ですから。

投稿: ダブル | 2006.02.06 17:07

ダブルさん、コメント欄がまるでBBSのようになっとりますが。
なんね、あんた、大分ね!もしかして佐伯ね?
わたしん親父ん出身は延岡たい。近かろがね?ついでに母親は日向たい。
子供ん頃は日豊本線にも乗って小倉経由で延岡まで行ったりしたとよ〜。

投稿: balaine | 2006.02.06 17:36

がはは、佐伯です。いまだ単線の<悲しみ本線日本海 by 石川さゆり>ならぬ、豊後水道、日豊本線・佐伯です!

投稿: ダブル | 2006.02.06 17:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74618/8511982

この記事へのトラックバック一覧です: 復活:

« 「ま・め〜は、、、」 | トップページ | 自動ドアが、、、(第300記事目) »