« むむっっっ | トップページ | 携帯電話で画像転送 »

2005.08.03

後ろ髪、、、

明日からお休みを頂くけれど、後ろ髪を引かれる気分。
本日は昨日の夜入院したくも膜下出血の手術を行った。立派なくも膜下出血。脳動脈瘤は巨大で(およそ20mm)しかも一部fusiformicな形で、動脈瘤の頚部をきちんとクリップで止められるタイプではなかった。そこで中大脳動脈にテンポラリークリップをかけて血流を一時的に遮断した。その直前に脳を保護する点滴を投与して、高齢の患者さんの脳に虚血のダメージがこないように素早く手術を進めた。
 テンポラリークリップのお陰で大きな変な形の動脈瘤は柔らかくなったので押したり引っ張ってよけたりできるようになったので、2本の大事な枝の血管を潰さないように、動脈瘤の頚部を甘めに長さ18mmのクリップをかけた。上手くかかり、しかも2本の枝は温存できた。根元に膨らんだ部分が残ったので患者本人の側頭筋を薄くそいだものを巻き付けてラッピングを施し強化した。術後運動マヒは出ておらず幸いである。
もう一つは、シャントトラブルの患者さん。サイフォン現象のため具合が悪くなっていたのでアンチサイフォンデバイスという器具を接続していたのだが、今度は水頭症が悪化した。いろいろ熟慮したあげく、いったんそのデバイスを取り外す事にした。またサイフォン現象が起きて流れすぎるかも知れないが、とにかく水頭症で意識障害が出ているのでその改善が先決である。
更に、ICUには出血源不明のくも膜下出血患者がいるし、偽膜性大腸炎の人は軽快して食事を食べ始めているとはいえまだお腹が張ってガスがかなりたまっている。肝硬変で輸血した人は結構ひどい黄疸であるがご飯は食べている。手術をした患者、待機中の患者、その他の懸案事項を別の先生のいろいろ指示し連絡をしてくるように命じておいた。どんな変化でも報告し相談してくるように、「ホウ・レン・ソウ」である。
 「夏休みなのに、、、」と思われるかも知れないが、私はここの病院の脳神経外科長としての責任を果たしているだけである。自分が出番の時は当然救急外来、ICU、2つの病棟その他から連絡が来るが、自分が出番でない時は下の先生には、「入院患者のあったとき」、「急変のあった時」、「術後患者の状態」、「その他何か変化のあったこと」を報告するように命じてある。だから私は一年365日、病院と繋がっている。国内にいて電話やメールで連絡が出来る環境にある限りは常に連絡を受けている。例外は、コンサートに出演中、前もって断って電話の電源を切っている時(映画やコンサート鑑賞)であるが、こんな事は年にせいぜい4、5回である。
 明日からの夏休みフルート合宿。堪能してきたいけれど心のどこかに病院の事、患者さんの事が引っ掛かる。それが臨床医というものだと思う。救急や重症の患者を持つ医師は皆そんなものだと思う。

|

« むむっっっ | トップページ | 携帯電話で画像転送 »

コメント

そうなんですよね。だから、なにもかも忘れて、夏休みを楽しんできて下さいというわけにはいきませんよね。でも束の間の一時、一瞬は別の世界に行ってきて下さいませ。myドクターのメッセージが「病院だより」に出てました。”昼夜を問わぬ脳神経外科診療を多少過酷と感じる年になりましたが、体力の続く限りこの道を邁進したいと思っております。”ですって。私も頑張ろう。。。

投稿: @むーむー | 2005.08.03 23:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74618/5297820

この記事へのトラックバック一覧です: 後ろ髪、、、:

« むむっっっ | トップページ | 携帯電話で画像転送 »