« 医療行為の説明について(インフォームドコンセント) | トップページ | 何故か同じ様な症例は続くことが多い »

2005.03.09

偽;臓器移植のため転院

タイトルからはまたまた濃い医学ネタを期待された方もいらっしゃるかしら?期待を裏切りごめんなさい。
私のパソコンの話しです。
愛用のPowerBookG4が2月に入って不調で、下旬にまったく動かなくなりました。電源をいれても初期画面にならないのです。アップル・ケア保証期間中なのでコールセンターに連絡し、いろいろアドバイスをもらい(ちょっともたもたする担当者もいたけど、概ね親切で我慢強い方が多い)同梱されてきたDVDでの起動、ハードウェアテストなどいろいろやってみたけど結局ダメでした。
昨年の9月にデスクトップとして5年間愛用してきたiMac DVがご臨終されて、外付けHDにバックアップしていたデータが中途半端なまま、PowerBookG4を仕事&ネットのメインに使っていました。バックアップは途中で一回くらいしかしていなかったんです。まさかそんな短期間に、という甘い考えがあったのです。

ついにPowerBookG4がダメになり、2月下旬からこれまた4年近く使っているiBookを仕方なくメインに復活させています。スピードが遅いとかそう言う問題よりも、この1年間くらいのデータがないのです。メールもH17年2月上旬以前のは何も残っていないし、HPのブックマークも古いものだけ。iBookは別宅と本宅の移動時に持って歩いていたので、そんなに使っていなかったのです。
とにかく今は仕方ない。この環境で耐えて行くしかない。

で結局PowerBookG4はロジックボードを交換しなければダメだろう、ということになり、そのチェックおよび修理(交換)のため、本日アップル側から手配された福山通運の人が取りに来てくれました。購入後一年間のアップルケアの保証期間中は、運送業者の手配、集配から修理、そして発送まで全部アップル側がやってくれるのです。ただ今回の私のパソコンの場合、「通常の使用における故障」でない可能性があるので、その場合は無償ではなくロジックボード交換費用が実費で取られるそうです。HDも初期化されてしまう可能性がありますが、仕方ないです。iTunes2からiPod Photoに落としていた1000曲近い音楽も消えてしまうかも知れませんが、iPodから戻せばいいのです。
ということで、ロジックボード交換(臓器移植)のためアップル工場へ発送(転院)しちゃった私のPowerBookG4のことでした。早く元気な姿で戻ってきてね!

|

« 医療行為の説明について(インフォームドコンセント) | トップページ | 何故か同じ様な症例は続くことが多い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74618/3233951

この記事へのトラックバック一覧です: 偽;臓器移植のため転院:

« 医療行為の説明について(インフォームドコンセント) | トップページ | 何故か同じ様な症例は続くことが多い »