« はじめました! | トップページ | くも膜下出血 »

2005.01.07

たぶん、誰もまだ

Yuki知らないであろう。ここのblog。
早く知られたいような、知られたくないような気分。
自分のHPもあまりおおっぴらに公開したくない私。
でもここにリンクを張っておこう。
もしかすると誰か物好きな人が見るかもね。でもフルートやクラシック音楽に興味がないと全然面白くないのかもしれない。

さて、今年は元日から仕事をしている。
仕事始めは4日ではあったが、病院勤務医師という仕事。入院中の患者さんや救急外来受診の患者さんがいる訳で、各診療科誰か一人は正月でも働かなくてはならない。
うちは脳神経外科医が3名であるが、一人は副院長という管理職。もう一人は3年目後期研修医。しかも3年目の彼は12月に結婚したばかりの新婚ほやほや。
というわけで21年目のまあまあベテランの私が正月3日間働いた。そんなに急患は来なかったが、入院した患者さんに重症が多く、3名挿管して人工呼吸器につなぎ、一人81才の高齢の脳出血の方が残念ながら亡くなられた。そのため、日中はもちろん夕方、夜、深夜、早朝と病院に呼ばれ、自分のベッドで寝る時間が一時間ぐらいで、病院の医局のいすで休む時間の方が多いという日々であった。

そんな中で自分を癒してくれるのは、まずフルート。
元日から吹いた。今年はエマニュエル・パユの新譜CDにあるR. StraussのViolin SonatenとWidorのSuiteを吹きたいと思って楽譜を揃えた。
Widorはムラマツのサイトが購入しておいたが、R. StraussはViolin曲であるためムラマツのサイトにもなかった。ネットで検索すると、海外のサイトであるがPDFでDLできるものを発見。
登録してCredit Cardを使ってUS$ 1.90で全58ページのヴァイオリン譜+ピアノ伴奏譜を購入した。
まずは旋律のとても美しい第2楽章のImprovisationを吹いてみる。とてもいい感じ。
Widorは1、2、3楽章、特に美しい旋律のある3楽章Romance:Andantinoを吹いてみる。かなりいい感じである。これで心の疲れも幾分癒された。
あとは、、、(^^)

|

« はじめました! | トップページ | くも膜下出血 »

コメント

わたくしbalaineのHPはこれです。

投稿: balaine | 2005.01.07 10:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74618/2497278

この記事へのトラックバック一覧です: たぶん、誰もまだ:

« はじめました! | トップページ | くも膜下出血 »