« 悲惨、、、 | トップページ | 株式会社A病院、、、 »

2005.01.26

ESS

今日は病院内で有志が集まってやっている、ESS(のようなもの)に初めて参加した。
オーストラリア人の女性がnative speakerで、あとは皆日本人。でもやる気のある人が集まっているだけあってみんななかなか喋る。
日本人でも積極性をもって外人さんの中に入っていける人とそうでない人がいるけれど、積極的な人でも意外と日本人の前に出ると喋りづらくなったりするもんだ。Nativeに英語があまりうまくない、と思われるのは別に仕方がないけれど、日本人の前で恥をかきたくない、とか日本人の前でうまく喋りたい、とかいう「見栄」が出るのだろう。
自分も昔はそうだった。今だってそんな気持ちはすこしはある。でも今は英語にある程度の自信があるし、多少発音がおかしくても言葉を間違ってもそれを「勉強」と思えばなんということはない。英語は「学問」ではなく、コミュニケーションのツールだから意思が通じればいいのである。

そういえば、人のblogのスペルを指摘してくれた方がいた。「親切」に教え諭してくれるようなコメントなら許せるが、上から見下ろしバカにして鼻で笑うようなコメントを、公共の、衆人の目にさらされるblogに書くとはどのような感覚を持った人なのだろう?理解を超えている。

さて、今日のESSの話題は二つ。一つは先日ニュースになったルーマニア女性、66才で出産ギネス記録、というもの。もう一つは、米国クリーブランドクリニック(私が留学していたピッツバーグの隣の州最大のMedical Center)で、McDonaldなどのファストフードを病院内のfood courtから追い出そうという医師の動きの話し。
66才の女性がどんな「意志」で、自分の子宮機能を医学的に回復させて子供を身籠る(正確には他人の卵子なのだからこの表現が適切なのか、、、)ことを望んだのか。倫理的にも医学的にもいろいろな意見が出た。結論が出る話しではない。あなたはどのように考えますか?
病院からマックを追い出す、というのはあり得る話し。というかなぜ今までなかったのか不思議。だってアメリカ人は私が実験中にマックなんて食べてたら、「お前はなんでそんなジャンクフードを食べるんだ?」と不思議がっていた。でそいつらが何を食べるか、というとピザか、Wendy'sのハンバーガー。マックと違うのは、ちょっと面倒くさいが、自分でチーズやレタスやパンなどを選んで組み合わせられるということ。「そっちの方が断然うまいしマックより健康的だ!」と言っていた。
「そうなのか?」と思ってしまった。結局は摂取する総量が過剰なら、健康的と思われる食べ物だって不健康の元になるんだから。やっぱり院内に回転寿司屋でも欲しいもんだ。お酒はだめよ!ね☆

|

« 悲惨、、、 | トップページ | 株式会社A病院、、、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74618/2704438

この記事へのトラックバック一覧です: ESS:

« 悲惨、、、 | トップページ | 株式会社A病院、、、 »