2019.09.25

サロン・コンサート第64回”La Conochiave”室内楽シリーズ「Methods 〜それはフルートの真髄〜」

2008年5月から始めたジョンダーノ・ホールのサロン・コンサートも、11年を超えて第64回目を迎えます。

Sc64-takezawapablo 2019年10月6日(日)、15時開演(14時半開場)。
共にデン・ハーグ王立音楽院に学んだ武澤泰子とパブロ・ソーサ・デル・ロサリオの2人が、主にフラウト・トラヴェルソのデュオで登場します。
フルート(トラヴェルソも含む)の教則本には、先生と生徒が一緒に演奏する、いわゆる「二重奏」曲がたくさん存在します。


Sc64takezawapablo 演奏技術向上が目的、と捉えられがちですが、実は音楽的感受性を身に纏うためのもので、単なる練習曲ではなく音楽的な「躾」と考えられる、すなわち音楽のエッセンス(真髄)であるということを、今回のコンサートでこの2人が表現してくれるのです。

| | コメント (0)

«サロン・コンサート第63回「ジャズ!」